しあすさとくもちゃんの闘病日記

しあすさとくもちゃんとの大腸がん闘病日記です。ステージ3の大腸がんです。現在、経過観察中です。よろしかったらご覧ください。

クリックして応援お願いします。ありがとうございます。

  にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ  にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

本命手術後、10ヶ月の検診 CEAの値は? (81)

こんにちは。いつも読んでくださってありがとうございます。

今日も一日中雨で、家でくすぶっていました。

ローウィンが近いせいか、カボチャが大好きなしあすさはよく食べます。食べすぎると下痢をするので、要注意です。ハローウィンと言えばカボチャだと思い込んでいましたが、昔、アメリカでハローウィンが行われるようになる前は、カブの一種のルタバガというのが使われていたようですね。そんなことを聞いたのでいろいろ調べてみたら、ハローウィンにも黒歴史があったのですね。

ローウィンはもともとキリスト教徒は関係ない、古代ケルト民族が始めたもので、はじめは悪魔崇拝(恐っ!)で生贄を捧げる儀式もあったとか……それがキリスト教に凌駕され、キリスト教に結びついた形になったようです。

その後コロンブスアメリカ大陸発見と共に、スコットランドの人が大量にアメリカに移住して、このお祭りが定着したみたいです。

アメリカでこのお祭りが始まったころの1800年代は子供たちのいたずらが激化していて、パイプ爆弾を爆発させたり、新築の家の壁を黒く塗りつぶしたり、お店の窓にレンガを投げつけたりと、かなり過激ないたずら(?)をしてお金やお菓子を要求していたようで、大人対子供の闘いみたいなことになっていたようです。特に富裕層がやられたようです。

それで困った大人たちが、ラジオやテレビで「ハローウィンは暴力ではなく大人と子供が仲良くする日」という宣伝をして、どうにか収まって行ったということらしいです。すごいなー。もとは「お菓子をくれなきゃ、荒らすぞ!」ってことだったのですね。

長い説明ですみません。あんまり衝撃だったので、つい書いてしまいました。

 

今回の漫画は本命手術後10ヶ月の検診のお話です。

 いつも応援ありがとうございます。皆さんが読んで応援してくださることが、秋の雨空を晴れにしてくれる心の太陽となります。今描いている漫画は、何か月か前のお話なので時間差はありますが、それを考慮して読んでくださるとうれしいです。これからも応援よろしく!お願いします。

 

f:id:sg8yktrt:20201017165453p:plain

 

f:id:sg8yktrt:20201017165408p:plain

Copyright © しあすさとくもちゃんの闘病日記 All Rights Reserved.