しあすさとくもちゃんの闘病日記

しあすさとくもちゃんとの大腸がん闘病日記です。ステージ3の大腸がんです。現在、経過観察中です。よろしかったらご覧ください。

クリックして応援お願いします。ありがとうございます。

  にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ  にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

どうなる!?吉か凶か (123)

こんにちは。いつも読んでくださってありがとうございます。

梅雨も明けて毎日毎日、強い日差しが照りつける中、すでに夏バテ状態のしあすさです。

片付けが苦手なしあすさですが、大事なものが見つからないのに、どうでもいいものがいつまでも残っていたりします。ガラクタみたいな安っぽいアクセサリーが一杯入っている缶には、なぜか昔、むか~しのヘアピンが残っています。「Bye Bye Baby」と書かれたピンクのヘアピンで、昔は得意になってつけていました。ミーハーな少女でした。そうです、このタイトル、言わずと知れたベイシティローラーズのヒット曲ですよね。もとはフォー・シーズンズが歌ったもののカバーみたいです。ベイシティローラーズはそれほど好きではなかったのに、この曲が割と好きだったので、つい買ってしまったのです。ボーカルのレスリーも今年の4月に亡くなってしまったみたいで、なんだか感慨深いものがあります。

そういえば、前々々回、イギリスのグラムロックポップバンド “ルベッツ” のことを書きましたが、いまだ (何十年もたっているのに)、ボーカルは本当は誰がしていたのか?という論争が決着していない気がします。すいません。また洋楽ネタです。

ファーストシングル「シュガーベイビーラブ」は初めはポール・ダヴィンチという人が歌っていて、その人はルベッツに参加せず、なぜかそのままの録音でアラン・ウイリアムズが口パクでボーカルになったけど、セカンドシングルからはアランに録音し直した。という説と、シュガーベイビーラブもアランで録り直したけど、うしろにポールの声を重ねた、という説と、全部アランで録り直したという説があって、複雑です。海外の音楽番組は生歌を歌うことが少なくて、後ろでレコードを流して、口パクが多かったので、こんなことが起きたのかもしれません。アランの声とポールの声は似ています。後年、ポールはシュガーベイビーラブを自分の名前でリリースしています。

また、この世界で800万枚売れたというシュガーベイビーラブという曲にも紆余曲折があります。作詞したトニー・ワディントンのホームページによると、この曲、はじめはユーロビジョン・ソング・コンテストのために書かれたものだったみたいです。そのコンテストに落ちたため (その年1974年の優勝はABBAの「Waterloo」でした)、当時有名だった他のミュージシャンにオファーしたのですが、それも断られて、結局トニーはバンドを作ることを条件にデモディスクを録音したセッションミュージシャンで、ルベッツを結成したのです。その年の5月には、コンテストで優勝したABBAの「Waterloo」を抜いて、UKチャートで1位となりました。

ルベッツのヒット曲は他にもあり、UKチャート40に全部で9曲入っています。トニーはルベッツの成功により、ステートレコードというレコードレーベルの共同設立者にまでなることができました。

う~ん、名曲にも世に出るまでに迷走した部分があるんだなーって、少し心強くもなれました。

 

おせっかいですが、珍しく生歌のルベッツ!「I can do it」を貼っておきます。はじめのころみたいにハンチング帽をかぶって、おもしろい振り付けもしていない、ロックっぽいかっこいいアランです。

 

www.youtube.com

 

 今回の漫画は、本命手術から1年10ヶ月が経ち、経過観察中のしあすさが、悩みながらも未来の希望を探し求めている(?)様子を描いたものです。

 

sg8yktrt.hatenablog.com

 

皆さんの応援は、コンテストに落ちても、それをはねのけて、世界で800万枚売れてしまうくらいの魅力とパワーに満ち溢れたエネルギーを私に与えてくれます。応援よろしくお願いします。描いている漫画には時間差がありますが、それを考慮して読んでくださるとうれしいです。これからも応援よろしく!お願いします。

 

f:id:sg8yktrt:20210726115850p:plain

 

f:id:sg8yktrt:20210724164613p:plain

Copyright © しあすさとくもちゃんの闘病日記 All Rights Reserved.

 

わし、そこまで言われる!? (122)

こんにちは。いつも読んでくださってありがとうございます。

全国的に梅雨明けしたところが多いみたいで、いきなりの猛暑になっています。暑いのは体にきます!ぐったりしているしあすさです。

ところで、この時期になると悩まされるのが、“蚊”ですよね。もう、何度も刺されました。昼間はじっとおとなしくしているのか、夜電気を消して寝ようとすると、「ぅい~~ん」というあの独特の音がして、蚊が活動をし始め近寄って来るのがわかります。しあすさはなんだか、蚊に妙に好かれるんです。

起き上がってやっつけてやろうと思ってもなかなか、できません。何度かトライして、失敗して、あきらめて寝ようと思っても、音が気になって寝付けません。くそーっ!

それで、暑いけど長袖パジャマに長ズボンに靴下まで履いて、寝ることにしました。ささやかな抵抗です。汗だくでした。しかし、朝起きて見てみると、パジャマから出ていた手と顔が何か所か刺されています。くやしい~!耳なし芳一に出てくる怨霊かよ!

対策を考えることにしました。基本は網戸や玄関の扉は、開けっ放しにしないでサッと閉めて、家の中に蚊を入れないということかな。あと蚊取り線香は煙くてちょっと苦手なので、保留です。天然の除虫菊でできたものもあるみたいですが……。いろいろ調べてみるとミント油 (ハッカ油) が蚊に効くと書いてあったので、試してみることにしました。

ドラッグストアとかに売っているミント油を水で薄めて霧吹きで網戸などに吹き付けて、蚊を寄せ付けないようにするのです。蚊はミント油の匂いが嫌いみたいで、寄ってこなくなるらしいです。

効果は!?・・・・前より蚊が家の中に入って来る回数が減った(?)かな……という感じです。去年よりは刺される回数が少ないです。匂いが飛んでしまうので、ほぼ毎日吹き付けなきゃならないのが面倒ですが、蚊取り線香や、化学物質の薬品が苦手な方にはいいのかもしれません。ミント油の薄めたのは、直接腕や足に吹き付けてもいいらしいみたいですよ。香りはアロマになるので、よかったら試してみてください。

 

素材によっては変色する恐れもあるようですので注意した方がいいようです。

健栄製薬

ハッカ油コラム01|害虫も怖くない さわやかハッカ油で虫除け対策!

 

今回の漫画は、本命手術から1年以上たって、経過観察中の様子を描いたものです。

今回は、病気発覚からストーマ造設手術~退院までの記事を貼っておきます。

sg8yktrt.hatenablog.com

 

皆さんの応援は、念力で蚊をやっつけてしまい、超能力者をも驚かせるくらいのパワーがあります。応援よろしくお願いします。描いている漫画には時間差がありますが、それを考慮して読んでくださるとうれしいです。これからも応援よろしく!お願いします。

 

f:id:sg8yktrt:20210717170757p:plain

f:id:sg8yktrt:20210717170658p:plain

Copyright © しあすさとくもちゃんの闘病日記 All Rights Reserved.

 

医療忍者部隊 参上! (121)

こんにちは。前線が居座って、不穏な天気が続くこの頃で、さらに心も不安定になっている、しあすさです。

不安定とか、アンニュイとか、そんな言葉ばかり書いているような気もしますが、お天気と同じで、なかなかカラッと明るい気持ちになれません。う~ん、体質かな?

さて、前回「カリフォルニアの青い空」の詞の内容について書きましたが、今回はさらに暗い内容の詞について書きたいと思います。ギルバート・オサリバンの「アローンアゲイン」という有名な曲です。CMでも何度も使われていますが、これ、とてもつらい歌なんです。曲だけ聞くと爽やかに聞こえますし、70年代にこの曲をカバーした草刈正雄の詞は、もっと明るい感じになっています・・・が、冒頭から、花嫁に逃げられて、教会でひとりぼっちの花婿が、ビルから飛び降りて死にたい、って考えているっていうシュチュエーションなんです。心がズタズタで、神に見捨てられた……両親も亡くなってまたひとりぼっち……ひとりぼっち……  

なんてつらい歌!とても悲しい歌です。でもギルバート・オサリバンの自叙的なものではないようです。ということは物語風の歌なのでしょうか。映画「卒業」をモチーフにしているという噂もあります。

こんな歌よくCMに使うなぁ~。って疑問に思っちゃいます。CMの歌って歌詞の内容とかまったく考えないで、イメージだけで使われているような感じなのかなぁ。反戦歌として有名な歌を金融関係のCMに使ったりとか・・・。

すいません。暗いことばかり書いてしまって、こんなときは「傷だらけの人生(鶴田浩二)」の一節、なにから~なにまで、真っ暗闇でぇ~、などと口ずさんで、締めにすると逆にいいかもしれませんね(・・・んなわけないですよね)。

 

おせっかいですが、また貼っておきます。

www.youtube.com

 

 

つらい話のあと、気持ちを切り替えたいときは、やっぱりこれかな?

ワンパターンですみません。ルベッツは「シュガーベイビーラブ」だけじゃないんです。この歌のおもしろい振り付けを見て、心を明るくしてくださいね!

 

www.youtube.com

 

今回の漫画は、本命手術から1年以上たって、経過観察中のしあすさが病院に定期検診で行ったときに、遭遇した様子を漫画にしたものです。

 

本命手術と直近の定期検診についての記事はこちらです。

sg8yktrt.hatenablog.com

 

sg8yktrt.hatenablog.com

 

皆さんの応援は、花嫁に逃げられた花婿をも、再び明るい気持ちにさせてくれるくらいのパワーがあります。応援よろしくお願いします。描いている漫画には時間差がありますが、それを考慮して読んでくださるとうれしいです。これからも応援よろしく!お願いします。

 

f:id:sg8yktrt:20210710163503p:plain

 

f:id:sg8yktrt:20210710163421p:plain

Copyright © しあすさとくもちゃんの闘病日記 All Rights Reserved.

 

人生って、フェイントかけてくるよね (120)

こんにちは。いつもいつも読んでくださってありがとうございます。

最近の雨の降り方に、ちょっぴり不安を感じるしあすさです。

ものすごく勢いよく降り始めたと思ったら、15分位で止んできたりして、これが俗にいうゲリラ豪雨というものなのかなぁ。

雨と言えば、「カリフォルニアの青い空」というアルバートハモンドの有名な曲があります。CMとかにも使われているから曲を聞けばわかると思います。・・・が、この曲、爽やかな曲名やメロディラインとは裏腹に、詞の内容はちょっと陰鬱です。お金が無くて物乞いしているところをいとこに知られて、誰にも言わないでくれと頼んだりした、実体験などが入っている詞らしいです。詞のサビは、南カリフォルニアには雨は降らないって言われているけど、降ると土砂降りになるって、誰も教えてくれない…っていう心の影みたいなものを歌っているらしいです。内容知って、ちょっと悲しくなりました。

でも、とてもいい歌です。おせっかいですが、貼っておきます。

www.youtube.com

 

ちょっとアンニュイな気持ちになっちゃったときは、ザ・ルベッツの「シュガーベイビーラブ」を聞くと元気になれます!これもCMで何度も使われています。ユーチューブにある映像見ると、ボーカルのアラン・ウイリアムスのチャーミングな表情やコミックバンドかと思えるほどの粋な振り付けに、笑っちゃいます。しかし、映像から見てわかるように、これ口パクなんです。この「シュガーベイビーラブ」という曲は紆余曲折あって、ボーカルのアランが歌ってなくて、別のポール・ダ・ヴィンチという人が歌っていたという噂もあります。アランが歌っていたなら、うれしいです。

そういえば昔ありました。ミニ・ヴァニリというグループが口パクなのにグラミー賞取っちゃったっていう話。ルベッツの場合は、昔から口パクっていうことは知られていたみたいです。シュガーベイビーラブ以降の曲は、アランが歌っていた(?)らしいから、そうだとしたら、よかったです。

おせっかいですが、またまた貼っておきます。

www.youtube.com

ルベッツはその後も解散とかいろいろありましたが、今でも歌ってるみたいです。

 

今回の漫画は、本命手術から1年以上たって経過観察中のしあすさが、人生のフェイントについて考えさせられるというお話です。

本命手術の時の記事を貼っておきます。

sg8yktrt.hatenablog.com

 

皆さんの応援は、カリフォルニアの土砂降りをも快晴に変えてしまうほどのパワーがあります。応援よろしくお願いします。描いている漫画には時間差がありますが、それを考慮して読んでくださるとうれしいです。これからも応援よろしく!お願いします。

 

f:id:sg8yktrt:20210704154401p:plain



f:id:sg8yktrt:20210704154444p:plain

Copyright © しあすさとくもちゃんの闘病日記 All Rights Reserved.


 

わし、「しかし!」という、言葉に怯える (119)

こんにちは。台風が近づいているみたいで不安定な天気に、心も若干、不安定になっているしあすさです。

最近、雷が多いので、そうゆうときはパソコンをつけられないのが悩みです。雷でパソコンが壊れてしまったというのはよく聞くので、心配です。

壊れてしまうといえば、ここのところテレビの外付けHDDも調子が悪くて、ほとんど録画できません。もう、10年くらい使っているせいかなー。がっかりです。

それで、気合を入れたかったので、久々に甘いものを買ってしまいました(ずーっと甘いものを控えていたのに…)。前々から気になっていた、マリトッツォというパンです。ブリオッシュ生地に生クリームをたっぷり挟んだというシンプルなもので、今はスーパーやコンビニの袋入りのパンの中にもあるのを発見してしまうくらい、ポピュラーになってきたパンです。

久々だったので、パン屋さんで買ってみました。お願いするとその場でパンの中に中クリームを詰めてくれるというやり方で、300円以上しました。ただの菓子パンなのに、高すぎるなーと、戸惑いはあったものの、久々だからと心と財布を落ち着かせて買ってしまいました。……味は?まあ、生クリームの入ったブリオッシュです!って食レポにもなっていないけど、そんな感じです。おいしかったけど「な、な、なにこれ!!!世界が変わってしまった!」的な感動はなかったかなー。生クリーム食べたいときにはすごくいいかもしれません。でも、たまに食べる甘いものは、心をとろけさせてくれる効果はあるかも。

 

今回の漫画は、本命手術から1年半以上たった経過観察中のしあすさが、つらい(?)言葉を投げつけられてしまう、冒頭部分です。

本命手術で入院したときの記事を貼っておきます。

sg8yktrt.hatenablog.com

 

皆さんの応援は、久々に食べた生クリーム一杯のマリトッツォをもとろけさせるくらいの、すごいパワーがあります。応援よろしくお願いします。描いている漫画には時間差がありますが、それを考慮して読んでくださるとうれしいです。これからも応援よろしく!お願いします。

 

f:id:sg8yktrt:20210626122822p:plain

 

f:id:sg8yktrt:20210626122726p:plain

Copyright © しあすさとくもちゃんの闘病日記 All Rights Reserved.

 

病院にはホラー~~な患者さんがいる!!その4〈見舞いに来る人編〉 (118)

こんにちは。いつも、いつも見てくださってありがとうございます。

今日は全国的に雨のところが多かったみたいで、連日の夏のような陽気から一転して、ちょっぴり肌寒い日になりました。このくらいの気温の方が過ごしやすいなーと思いながら、少しだけこたつのスイッチを入れた、寒がりのしあすさでした。

 

今回の漫画は番外編で、手術で入院していたときのことを描いています。漫画の中に外国人の方が出てきます……が、決して差別や嫌がらせの意図などありませんので、それをご了承いただいてお読みくだされば幸いです。

 

さて、差別という厳しい単語が出たところで思い出したのが、ラモーンズという70年代に活躍したアメリカのロックバンドです。このロックバンドの曲の中に、「KKK」というのがあるのです。初めて見た時は、こ、こんなストレートなタイトル!と思いました。KKKと言えば、言わずと知れた米の白人至上主義者の団体です。

しかし、この曲にはファンの間ではよく知られたエピソードがあるみたいです。ボーカルのジョーイの彼女を、ギターのジョニーがとっちゃった、ことからジョーイが当てつけに作った曲みたいで、ジョーイがユ○ヤ系の人だったから、ジョニーのことを白人至上主義者に例えてKKKとタイトルをつけたみたいなのです。ジョーイはもう亡くなっているみたいですが、最後まで二人は和解できなかったみたいです。でも、客が喜ぶなら……みたいなことを言って、ジョニーは文句も言わず(?)にこの曲をひいていたみたいで、男の友情も、複雑ですね。

アメリカはもともと移民の国なので、いろんな人種の方がいるから、いろんなことがあるんだろうなー。

 

皆さんの応援は、降りやまぬ大粒の雨をも一秒ではじいて晴れにしてしまうくらいの、すごいパワーがあります。応援よろしくお願いします。描いている漫画には時間差がありますが、それを考慮して読んでくださるとうれしいです。これからも応援よろしく!お願いします。

 

最初の病院で手術した時の記事を貼っておきます。

sg8yktrt.hatenablog.com

 

f:id:sg8yktrt:20210619170833p:plain

 

f:id:sg8yktrt:20210619170722p:plain

Copyright © しあすさとくもちゃんの闘病日記 All Rights Reserved.

 

究極の選択 (117)

こんにちは。いつも、いつも見てくださってありがとうございます。

急に暑くなって、体がついていけないしあすさです。暑いのに、冷房の効いた建物の中では寒いので、羽織るものが必需品です。冷たい飲み物も下痢しやすくて厳禁なので、ホットなお茶の入ったマグボトルとカーディガンやら大きめのショールやらを持ち歩かなきゃならなりません。怪しいくらいの大荷物です。不便です。Tシャツに短パンで、アイスコーヒーを飲んでいる人がうらやましくなります。悔しいから「冷えますよ!」とか声掛けしたくなりますが、もちろんやっていませんよ。

 

ところで、最近ずっとグループサウンズネタできましたが、その続きをちょこっと書いてみたいと思います。あきちゃった人は、すっとばしてください。

その昔、少女漫画も週刊がメインで、別冊というのは、本当に季刊誌みたいにたまに出るものだったんです。今は週刊の少女漫画はなくなってしまいましたが、昔は毎週発売日になると、近くのちっちゃな店舗とかに行って、買っていたんです。最初の頃の表紙は漫画じゃなくて、グループサンズのジュリーやショーケンと少女モデルが一緒に写っている写真とかが使われていました(ここでやっとグループサウンズ登場です)。今じゃ考えられないけど……。

そういえば、子供の頃自転車で15分くらい走ったところにあった児童館は、すごく漫画が充実していたんですよ。週刊の少女漫画3誌が創刊号から全部揃っていて、毎週新刊が補充されるんです。別冊や増刊号も全部あって、一部屋壁一面すべて漫画本でした。しあすさみたいな漫画オタクな少女には天国みたいなところでした。パラダイス!!もちろん、少年誌もありましたよ。あのたくさんの漫画本、今どうなっちゃったのかなぁ……(結局、漫画ネタでした)。

 

今回の漫画は、本命手術から1年6か月の定期検診後の経過観察中のしあすさを描いたものです。

最新の定期検診についての記事はこちらです↓

sg8yktrt.hatenablog.com

 

sg8yktrt.hatenablog.com

 

sg8yktrt.hatenablog.com

 

皆さんの応援は、創刊号から揃った漫画を前に打ち震えるしあすさを、さらに歓喜に叫びだすくらいにうれしくさせてくれるすごいものです。応援よろしくお願いします。描いている漫画には時間差がありますが、それを考慮して読んでくださるとうれしいです。これからも応援よろしく!お願いします。

 

f:id:sg8yktrt:20210612170101p:plain

 

f:id:sg8yktrt:20210612170013p:plain

Copyright © しあすさとくもちゃんの闘病日記 All Rights Reserved.